MISSIONTerraPax ( テラパックス )のミッション

  1. 新しい分野の素材、手法、サービスにおける革新的なデザイン手法により、TerraPax社を信頼のおける持続可能な事業に邁進する企業として確立すること。
  2. 最低でも90%の自然素材を使い、機能的で耐久性のあるバックパックやバックをデザインし製作すること。
  3. 素材の収集を通して、持続可能な発展と思慮深い資源利用を促進すること。
  4. 有機資源の問題と産業エコロジーについて、私たち自身や取扱い業者、販売業者、顧客、そしてビジネス共同体の知識を高めていくこと。
  5. ビジネスにおける配慮を育成すること。
  6. 上記の事項におけるTerraPax社の影響を継続的に評価してゆくこと。

INDUSTRIAL ECOLOGY産業エコロジー

TerraPax ( テラパックス )社内では、産業エコロジーをよく話題にします。それは特に美しい言い回しではありませんが、発想自体に詩的さを秘めています。つまりそれは、「生態系のように機能する工芸品産業」という発想です---完全にバランスのとれた、廃棄物の出ない、責任能力のある生態系のようなものでしょうか。それはつまり、「毒性物質や化学物質が空気や水に影響を与える」という隠れたコストを取り除くことでもあります。最初からそれを正しく実施することで、全ての廃棄物は他の産業や微生物の糧となるはずです。シンプルに言うと、それはゴミを出さないことです。それは私達にとって費用対効果が高いのです。ビジネスは社会の変化にとって、最も影響力のある手段です。だからこそ、TerraPax ( テラパックス )はこのコンセプトを実践しています。ビジネスにとって最も文明化され、優れたモデルを育てるために尽力してゆきます。

Terrapax (テラパックス)社では、すべての「廃棄物」は収集され、コンポスト化を通して微生物の「食事」になります。もしくは、スケッチブック、グリーティングカード、紙等を麻繊維から製造するGreen Field Paper社の「食事」になります。我々の商品に使用されている素材はとても丈夫で長持ちするので、再利用することが可能で無駄を出さないようにしています。

最も「現代的な」バックパックやキャリーバッグに使われる合成繊維素材は石油化学物質由来で、時に重金属を使用して染色されています。そういった商品は通常ポリウレタン、耐久性撥水加工(DWR加工)、また他の生地加工などでコーティングされています。このような先端技術は実験室内では目覚ましい性能を見せますが、その多くは物を運ぶのには必要ではなかったり、商品オーナーの使用感を必ずしも向上させるとは限りません。時にまったく逆の場合もあります。お手頃な合成繊維のバックパックの購入を良い買い物だと捉えるのであれば、それは原料を抽出し、その生地とプラスティックを生産するのにかかる本当のコストを考慮していません。本当のコストは大気と水に吸い上げられ、健康リスクを冒し、資源と私たちの環境の質を劣化させる、という形で支払われるのです。山登りのためのバックパックを購入するとき、こういったコストを考慮する方は多くはありません。自然に持ち込むまさにその商品が、楽しもうとしている自然そのものを壊してしまう事に繋がってしまうのです。

TerraPax ( テラパックス )社の商品を使う事は、環境に負荷をかけることなく、生涯を通して持ち物を効率的に運ぶ事ができ、あなたとアウトドアアクティビティの間を邪魔するものは一切無い事になります。そしてもし将来、世界の経済が本当の環境資源コストを製品の価格に反映するようになれば、TerraPax ( テラパックス )の製品は時代に見合った価格の商品のパイオニアとなるでしょう。